鋳金と彫金の新たな表現

AKAIKE ART GALLERY 2018
鋳金と彫金の新たな表現
角谷圭二郎・佳代 金属工芸二人展

 

大阪府東大阪市で代々茶釜を制作している“角谷一圭工房”は創業130年。伝統の技を受け継ぎながらも、現代のライフスタイルに合わせた、おもてなし道具を手がける二人の金属工芸の世界をお楽しみください。

 

日 時:2018年11月29日㊍~12月4日㊋ 1000~17:00(最終日 16:00迄)

会 場:赤井家住宅 (伊賀市上野忍町2491‐1)

料 金:入場無料 ※展示作品を販売いたします。

出展者:角谷圭二郎(鋳金作家)/角谷 佳代(彫金作家)

■茶釜の湯の美味しさワークショップ 12/1㊏・2㊐  ①13:00~ ②15:00~
角谷家四代それぞれの作風解説と茶釜の鑑賞ポイントや簡単なメンテナンスレクチャー、和菓子と茶釜のお湯による煎茶の味わいをお楽しみ。
[講師]角谷圭二郎  [定員]各回6名  [参加料]500円(和菓子付き)
[お申込み]11/3㊏午前10時から☎0595-22-0511にて申込受付

 

主催・お問合せ:(公財)伊賀市文化都市協会 ☎0595-22-0511

後援:伊賀市・伊賀市教育委員会・名張市教育委員会

tyoukin-01

tyoukin-02