伊賀こどもミュージカル 稽古に励んでいます

2019.11.11

伊賀市文化会館で2020年2月9日(日)に開催する伊賀こどもミュージカル第3回公演「ピーター・パン~ネバーランドへGO!~」に向けて、出演する子どもたちが稽古に励んでいます。ここではその様子を順次ご紹介します。

 

【オーディション】(2019年10月5日、伊賀市文化会館 ステージおよびリハーサル室)
伊賀市内をはじめ県内外より、3歳から高校生まで58人の応募があり、ダンス・演技・歌唱の審査を経て、46人がオーディションを通過しました。指導者たちはこれからの稽古を通して、過去の出演経験の有無にとらわれずに子どもたちに接し、それぞれの成長を見守ってゆきます。

客席の審査員に向かって歌を歌う

体じゅうを使って自分を表現

審査前の緊張の一瞬

審査員も真剣そのもの

【稽古】(2019年11月2日・3日、青山ホール ステージおよびリハーサル室)
来年2月の本番まで約3か月間におよぶ稽古が11月にスタートしました。キッズ(未就学児)たちは音楽に合わせて体を動かし、稽古の雰囲気や舞台の広さを感じるなどしました。小中高生は本番で歌う歌の練習やステージ上でのダンスなどを稽古しました。また、指導者がキャスト(配役)を決めるための参考として、4人1組で短い演技を披露するなどしました

ダンスを踊るキッズたち

何度も繰り返し発声を練習

動きを揃えるためダンスも念入りに

場面をイメージしながらそれぞれが表情や仕草を考える