伝承・創造伊賀焼展 伊賀焼「今昔」

伊賀市 ミュージアム青山讃頌舎特別企画展
伝承・創造伊賀焼展 伊賀焼『今昔』
伊賀焼伝統技術保存会第5回会員展

   国指定の伝統的工芸品「伊賀焼」は、古くは奈良時代から始まったといわれ、日本文化を代表する有数の古陶であり、茶の湯が盛んとなった桃山時代には、豪放で力強く破格な美意識を持った茶陶の水指や花入は、一般的に「古伊賀」と言われ、伊賀焼の代表的な作品として有名で、伊賀焼特有のビードロ釉や灰かぶりなど、様々な技法や技術は、現代にも脈々と受け継がれている。

 今回は、「伊賀焼今昔」と題し、水墨画家穐月明氏の作品とともに、数点の「古伊賀」作品と現代の作家の作品を見比べ、桃山時代から続く伊賀焼の歴史と伝統を感じながら、伊賀焼の魅力をお楽しみください。

  

会 場:伊賀市 ミュージアム青山讃頌舎 〒518-0221三重県伊賀市別府718-3

会 期:2020.8.8㊏ ‐ 8.30 ㊐  火曜日休館  OPEN 10:00 – 16:30  

出 展:新 歓嗣/工藤二郎/小島憲二/谷本 景/恒岡光興 ※プロフィールは下のチラシをご覧ください。

観覧料:一般300円 高校生以下無料 (8/24~8/30は期間限定観覧無料)

会期中の催し:
●茶室「聴樹庵」にて伊賀焼茶碗で「茶」を嗜む
 庭園とともに、美しく趣のある佇まいの茶室「聴樹庵」は、穐月明氏の芸術世界、美意識の象徴ともいえる。その空間で現代の陶芸家が創った伊賀焼の茶碗で、お抹茶一服をゆっくりと召しあがれ。
日 時:8月23日㊐・8月30日㊐ ①10:00~ ②11:00~ ③13:00~ ④14:00~
会 場:伊賀市 ミュージアム青山讃頌舎 茶室
定 員:各回3名 (予約制)
呈茶代 :400円(お抹茶・お菓子) 

●伊賀焼陶芸家によるGALLERY  TALK
 伊賀焼伝統技術保存会の会員による伊賀焼の歴史や伝統の技、現代の伊賀焼の作品解説など。
日 時:8月23日㊐・8月30日㊐ ①13:30~ ②15:00~
会 場:伊賀市 ミュージアム青山讃頌舎 展示室
定 員:各回10名 (予約制)

■お申込み・受付
 8月8日(土) 午前10時から、伊賀市文化都市協会 (☎0595-22-0511)にて電話で申込受付開始

 

主催・お問合せ:(公財)伊賀市文化都市協会 (伊賀市 ミュージアム青山讃頌舎指定管理者) ☎0595-22-0511
共催:伊賀市
協力:一般財団法人東洋文化資料館靑山讃頌舎
後援:伊賀市教育委員会・名張市教育委員会

20200709155432-0001

20200709155438-0001