Earth

ART EXHIBITION @ SHISEKI KYU SUKOUDO
Earth

 

Earth 展とは?
【共に生きる】
 「Earth展」は、非常にユニークなプロセスを経て生まれたエキシビションです。幅広いジャンルのクリエーターが集い、現在の閉塞的状況の中、「今この地球と共に生きるために再発見すべき視点とは何か」というテーマについて幾度となくディスカッションしてきました。
その結果、館内空間を複数のクリエーターが共存する《連携する感性とアイデアによるスペースの共有》として捉え、これまでにはなかったエキシビションのスタイルを創り出しました。
是非、この新しい試みのある「Earth展」をご体験いただき、改めて皆さんと共にこの地球の未来へとつながる想いを再認識できるエキシビションとなることを願っています。 

【意識から行動へ、Earth展からの6の視点】
本展は、共通テーマ「共に生きる」を核として全く異なる6の視点から共同制作された作品、及び各作家の作品を館内の順路に沿ってインスタレーション形式で体感するエキシビションです。

●CONSCIOUSNESS(意識)
●MEMORY (記憶)
●SENSITIVITY(感性)
●JOURNEY (移動性)
●DIVERSITY (多様性) 
●ACTION (行動)

 

日 時:2021年11月19日(金)-11月28日(日) OPEN 10:00-18:00 (最終日は16:30迄)  

会 場:史跡旧崇広堂 (伊賀市上野丸之内78-1)
※駐車場はお問合せ下さい。
※作品を販売しますが、一部の作品の引き取りは後日となります。

入 場:無料

[ARTIST] 
天谷理彩(染色)
笹井りょう(デココラージュ)
中村えい子(織り・ファイバーアート)
古谷智子(硝子・ニードルフェルト)
松本哲也 (写真)
松本秀美(写真)
三谷洋介(金属,友情出展)
メイヤー久美子(絵画・写真)
モリ・ミチ(陶器・ミクストメディア)
ZUVALANGA(African Wire & Beads Art)
[展覧会企画協力]
木村奈央

■[パスカルの蝶たち展]
 このコミュニケーションアートプロジェクトは、現在の閉塞的状況の中、私たちの「想像力」という夢への羽ばたきを大切にしたいという想いから生まれた企画です。日本画家の千住博氏をはじめとする総勢100名以上のアーティストの「葉」から生まれた多様な蝶たちをぜひご高覧下さい。オルタナティブスペースKの家主宰  木村奈央  

日 時:2021年11月19日(金)-11月23日(祝)・27日(土)・28日(日)
会 場:史跡旧崇広堂 有恒寮

 

主催:公益財団法人伊賀市文化都市協会 ☎0595-22-0511
後援:伊賀市、伊賀市教育委員会・名張市教育委員会

EARTHチラシ案-1omote

EARTHチラシ案-2

EARTHチラシura